【ヒゲ脱毛を賢く終わらせる方法】ヒゲ脱毛はしたいけど、ぼったくられたくない。ヒゲ脱毛の種類と費用は?

【ヒゲ脱毛を賢く終わらせる方法】ヒゲ脱毛はしたいけど、ぼったくられたくない。ヒゲ脱毛の種類と費用は?

「ヒゲ脱毛はしたいけど、ぼったくられたくない。」

こんにちは。genkiです。

普段はBlanc forというブランドを立ち上げて白Tを制作販売したり、サウナ好きが高じてプライベートサウナを作ろうとしていたりしています。

さて、本日ヒゲ脱毛デビューしてきました。

率直な感想は、いや〜痛かった。けど、想像してた痛さとはまた違う痛さで、我慢できる範囲の痛さでした。

重い腰を上げて、ヒゲ脱毛を始めた背景

今後脱毛について、実体験を元に記事を書いていきます。

脱毛をしたい男性は実はとても多いはず。それにも関わらず、ネットの情報は本当によく分からない。

私自身、ヒゲ脱毛はずっと気になっていましたが、「痛そう」「数十万かかりそう」「ぼったくられそう」「種類が沢山あってどれが良いのかよく分からない」というイメージがあり、気が進みませんでした。

めんどくさいけど、毎朝剃れば済むので、脱毛はあくまでも「そのうちやりたい」くらいの位置付けでした。

そんな中、今年のGWは本当に自宅に籠りっぱなしだったので、自分自身のことについて考える時間ができました。

キャリア、転職、引越し、結婚、健康、ファッション、美容、ストレス・・・等、色々考えたのですが、後半の「ファッション、美容、ストレス」というキーワードで「ヒゲ脱毛」は自分には必要だと判断しました。

また、ちょっと悔しい話なのですが、自分は童顔なので、今後歳を重ねてもヒゲが似合うなんてことはありそうにありません。

父、祖父、親戚を見てもヒゲが似合う人は一人もいません。そういう遺伝子です。

客観的に考えても、ヒゲ脱毛はやった方が良さそうだ・・・。

そんなこんなでヒゲ脱毛を調べ始めました。

やるからには、意地でもぼったくられたくない。

私はそんな人間です。

この記事で伝えたいこと

①人生で初めてヒゲ脱毛を体験した感想(ニードル脱毛)

②体験で見えてきたコスト感

③体験から考えた、脱毛を効果的に賢く進める為の戦略

①人生で初めてヒゲ脱毛を体験した感想(ニードル脱毛)

今回私が体験に行ったのは、業界最大手??のMen’s TBCの500円体験コースです。

500円はキャンペーン価格だった様で、時期によって1000円だったり変動するようです。

駅からすぐの店舗で、大手だけあって内装はとても綺麗でした。

ロビーには自分の他に3人程中年の男性がいました。

思ったより客層は若者ではなくて、3,40代が多そうな印象を受けました。

受付で簡単な問診票の様なアンケートを記入し、待つこと3分程で個室にて担当の方と一対一での面談が始まりました。

ここでは自分からの質問ベースで、脱毛の種類、効果、コストなど、なんでも答えてくれます。

タブレットの同意書にサインをして、500円を支払い、いざ体験へ。

(ちなみに体験はマストではなく、面談のみで終了してもOKでした。)

部屋を移動し、ニードル脱毛の体験に移りました。

体験は150本の脱毛で、口から下の顎部分をお願いすることに。

ニードル脱毛はいわゆる永久脱毛で、毛穴から金属を当てて電流を流して毛根を処理するタイプなので、基本的に生えてこなくなります。

チクッとした後に、じわっと痛みが伝わる様な感じで、結構痛いです。

個人的には想像していたよりは痛くなく、我慢できる範囲でしたが、まぁ・・・何度も通いたくはないですね。

補足すると、一つの毛穴には、皮膚の浅い部分から深い部分までにいくつかの毛根が眠っているので、一回の施術で生えてこなくなるとは限らないので、2~3回くらいは脱毛完了までかかる様です。

ちなみに一般的には、ニードル脱毛の他にレーザー脱毛、光脱毛の3種類があります。Men’s TBCでは、ニードル脱毛と光脱毛の2種類です。

レーザー脱毛を希望する場合、TBC系列のクリニックで施術することができる様です。

こんな感じです。汚い写真で恐縮です。

(ヒゲ脱毛の為には1mm 以上は伸ばさないといけないので、他の部分は剃っていませんでした。)

下顎の表側と言いますか、正面部分が脱毛されているのが分かるかと思います。下顎は濃いままですね。

150本だけでも結構すっきりしてますよね。

500円でここまでできたのは、体験としては非常に満足してます。

②体験で見えてきたコスト感

ニードル脱毛、レーザー、光の中で、今回体験したニードル脱毛を中心に解説していきます。

ニードル脱毛は、毛穴に金属を当てて一本一本処理していく方法なので、単価は一本当たりx円という考え方になります。

ビジター価格は一本当たり145円、会員価格は125円だったと思います。会員になる為には16,500円の2年間有効の会員登録をする必要があります。(高い・・)

一部位当たり、一回300本くらいは抜く必要があります。(先程の顎の部分が150本なので、その倍と考えます。)

となると一回あたりの費用は、300本×145円(ビジター価格)だとして43,500円、300本×125円(会員価格)だとして37,500円です。完全な脱毛完了には、一部位当たり1,000本が目安らしいので、簡略化して900本と考えても3倍、つまりは・・・130,000万円(ビジター価格)、112,500円(会員価格)ということになります。一部位ですよ??

顔全体となると、加えて、顎下+鼻下+右頬+左頬+右もみあげ+左もみあげ なので、全部ニードルでやると、910,000万円(ビジター価格)、787,500円(会員価格) ということになります。

超ざっくり計算ですが、何も考えずとりあえず契約なんてことをしてしまうと気付いたら数10万というレベルではなく、100万円を失うことになりますね。

永久脱毛は、確かに魅力的ですが、全部ニードル脱毛という選択肢は個人的には無しということになりました。

ちなみに、体験後、次回分として別の箇所の単発契約を持ちかけられます。私は頬が一番気になると面談で答えていたので、頬を勧められました。45,000円ほどの見積もりでした。担当者は一度断っても食い下がりません。二度目断ってやっと食い下がりました。どんなに安い魅力的な提案をされても、体験のみと心に決めて受けることを心からオススメします。

一方永久脱毛ではない、レーザー脱毛はどうなのか。

これは脱毛というより減毛という言葉の方が当てはまるかもしれません。レーザー脱毛は、ある一定の波長の光を肌全体に当てることになります。

先程、同じ毛穴にも皮膚から浅い部分、深い部分に複数の毛根があることを述べました。また細い毛、太い毛と差があります。レーザー脱毛では、一定の波長を当てるので、処理できる毛とそうでない毛が出てしまいます。

その結果、脱毛部分にムラが出てしまって、結局髭剃りが必要になります。(原理的には)

その為、ニードルの方が確実に一本ずつ処理できるのでオススメということになります。

ただこれは人によって効果が違って、友人の話では、レーザー脱毛だけでも十分脱毛ができて、数ヶ月髭剃りをしていないなんて言ってました。

目的にもよりますが、毎朝の髭剃りがめんどくさいというきっかけであれば、数ヶ月に一回レーザー脱毛すれば目的は達成できる様な感じがしますよね。

ここで気になるのが、ランニングコストです。ニードルのメリットは、50万円くらい払えば、それっきり。

一方レーザーでは一回の施術でおそらく5000~10000円。

これが例えば3ヶ月に一回だとしても年間4万円。

これが10年20年と続くと考えるといつかはニードルを追い抜いてしまいそうですね。

光脱毛は、個人的には(男性目線では)無しです。通い放題的なサブスクと考えると、通うのがめんどくさくなるのが関の山です。

③体験から考えた、脱毛を効果的に賢く進める為の戦略

・全部ニードル脱毛はコスト的に流石に無理がある。

・レーザーだけでは効果にムラがあるのと、、ランニングコストがかかってしまう。

ここで、賢く考えましょう。ムラがあるというのは、残った毛は比較的強い毛ということになる気がしませんか?

まずは全体的にレーザー脱毛で処理をしてみて、それでも生えてくる強い毛をニードル脱毛で処理するというのが、コストも最小限に抑えて、ランニングコストもかからずに済む、個人的には一番賢い方法かと思います。

ニードル脱毛は単価が一本当たりx円という考え方だと述べました。ヒゲごときに一本100円っていうのは、憎たらしい話ですよね。

このぼったくりの料金設定のシステムを逆手に取ってやりましょう。

ニードル脱毛は本数という単位で、必要な所を処理できるので、レーザー脱毛からの数日開けてニードルという作戦が叶います。

脱毛完了への大まかな方針は、レーザー脱毛からのニードル脱毛で仕上げ。というのが今日の私の理想の考えです。

そして、体験やモニターをうまく使いこなす。

これで10万以内で脱毛を完了できるのではないかという推察してます。

先程、レーザーだけで脱毛をしようとしたら100万円近くのコストがかかる様な試算をしました。

持論ですが、10万円ですっきりヒゲ脱毛ができたら、こちらの勝ちです。

このブログの記事を通じて、この10万円以下でヒゲ脱毛を完了することを目標に記事を更新していきますので、応援していただけると幸いです。

まとめ

・脱毛には3種類があり、ヒゲ脱毛はニードル脱毛とレーザー脱毛が主流

・ニードルのみだと100万円近くコストがかかり、レーザーではランニングコストでゆくゆくは同じくらいコストがかかる

・ニードルとレーザーを組み合わせて賢く脱毛をしていくのが効果的

・体験やモニターを活用しまくるのが一番安く済むだろう

ということになります。

この記事をみて、実際に脱毛を始めてみたいと思った方は、まずは体験に申し込まれることをオススメします。

脱毛がどんなものか体験できますので、非常にオススメです。ただ、くれぐれも契約は焦ってはダメです。慎重に判断してくださいね。

(ちなみに私は、もう一回分単発でも良いから申し込まないか?と持ちかけられましたが断りました。2回ほど言い方を変えて持ちかけられても、断りました。今回の目的は体験と見積もりだったので。)

2021年9月現在追記します。

10万円でヒゲ脱毛を完結させられれば勝ちとお伝えしましたが、10万前後でヒゲ脱毛を完結できる会社を見つけました。

ドクターコバです。銀座、大阪、名古屋の3店舗を構える知る人ぞ知る会社です。私はここでヒゲ脱毛開始しています。今は5回中3回目が完了したところです。口上、口下以外はもうあまり生えてこなくなりました。残り2回がんばります。

Dr.コバ

ヒゲ脱毛がどんなものかまず体験したい方は、下記のバナーから体験を申し込んでみて頂ければと思います。↓

ヒゲ&カラダ脱毛

今後は、他の会社の脱毛体験も受けて脱毛を進めていこうと思うので、都度記事にあげようと思います。

目指せ10万円以下でヒゲ脱毛完了!!!

ではでは。

※痛みには個人差があります。

バナー