『2020年7月最新版』iPhone SE 第二世代 オススメのケースと画面保護フィルム

『2020年7月最新版』iPhone SE 第二世代 オススメのケースと画面保護フィルム

『2020年7月最新版』iPhone SE 第二世代 オススメのケースと画面保護フィルム

こんにちは。genkiです。

普段はBlanc forというブランドを立ち上げて白Tを制作販売したり、サウナ好きが高じてプライベートサウナを作ろうとしていたりしています。

先日、私は5年ほど使い古したiPhone 6Sを手放す決意をしました。

5年も使ってると、バッテリーのキャパが減り、常に充電が無くて周りの友人からも呆れられるほどでした・・・笑

iPhoneを買い換えるのに抵抗があったのは、毎月の固定費が増えるのが嫌だったし、無駄な買い物だと思っていたからです。

iPhone11以降の新スペックを買おうとすると、分割払いであまり気になりはしませんが、実は合計10万以上のお買い物になってるんですよね。

それだったらiPad Proを買った方が充実度が上がるし、良い写真や動画が撮りたいという理由だったら、一眼もGoProも持っているし。

とにかく私にとってiPhoneを新しくすることは眼中になかったんです。

そんな私に災難が・・・。

左側面にあるマナーモードのオン/オフのボタンがラリってしまい、少しの振動でバイブレーションが作動するようになってしまったんです。仕事中にキーボードで文字を打っているだけで、近くに置いてあるiPhoneが「ブルッブルッ!!・・・」と動くんです。

これは流石に私も「寿命か・・・」と思いましたね。

安くてコスパ最強と噂のiPhone SE第二世代を購入してみました。

オススメのケース

一つ前の記事で、何事もカバーは透明の物を選ばない方が良いという説を提唱しました。

今回も同様です。カバーを買う目的はあくまで下記の3つです。

①落下したときの衝撃を和らげたい

②本体に傷がつくのを回避したい

③YouTubeやNetflixを見る際に、画面を見やすくするスタンドが欲しい

こんな条件で引っ掛かったのが、このケースです。

Spigen」というメーカーの、「シュピゲン タフ・アーマー ACS01241 (レッド)」という製品です。

お値段は、2,990円と、カバーの相場を見ると中間の価格でしょうか。

①落下したときの衝撃を和らげたい

カリフォルニアの研究所で行われた衝撃テストでMIL規格(STD 810G-516.6)”米軍の軍事規格”を取得しているとのことです。

MIL規格と言われても正直ピンと来ないのですが、下記のように3層構造になっていて、実際に手で触ってみても硬いスポンジのような感触で、衝撃を吸収してくれそうな素材だったので、安心できます。

②本体に傷がつくのを回避したい

本体に傷がつくのは、どのカバーでもぶっちゃけ良いと思うのですが、タフ・アーマーの良いところは、カメラ画面や液晶画面に傷がつくのを避けるためにフチが高くなっているんです。(勿論カメラに映り込むなんてことはないのでご安心下さい。)

③YouTubeやNetflixを見る際に、画面を見やすくするスタンドが欲しい

何よりこれが良かった!!!!(先ほどの画像参照)

リングだと正直邪魔だし、使うとなんか変な筋肉痛になるし、いらないと思っていたのですが、タフ・アーマーにはキックスタンドがついているんです。

不要な時は収納すれば良いので、すごく便利です。

これで新幹線移動や飛行機移動の時でも動画観賞がしやすくなります。

オススメの画面保護フィルム

選んだ際のポイントは下記です。

①気泡が入りづらい

②簡単に割れなそう

③不透明な部分に透明のフィルム貼るの無駄じゃない?

今回私が選んだのは、「Nimaso」というメーカーの「iPhone SE 第2世代 (2020) / iPhone 8 / 7 用 全面保護フィルム 強化ガラス」です。

お値段は、1,399円と、フィルムにしては若干高い価格です。

①気泡が入りづらい

フィルムの自己吸着層により、位置を合わせて上から軽く置くだけで気泡が入ることなく簡単に装着できます。

(※万が一失敗しても貼り直しが可能です。気泡が入っても付属のヘラで簡単に除去できます。)

②簡単に割れなそう

強化ガラスで表面硬度9Hと高い硬度の持つ素材を使っており、サプライヤーも旭硝子なので安心できます。

③不透明な部分に透明のフィルム貼るの無駄じゃない?

これは私が勝手に思っているところなのですが、なるべく不透明なものだった方が汚れや傷が目立たないという持論があります。

例えば、ホーム画面やカメラ部分。

この部分は透明で無くても良いと思うので、上下が黒い今回のモデルを気に入ってしまいました。

※ほとんどの方はこれについては共感しないと思うのでスルーでも大丈夫です笑

貼ってみた感想としては、

・ほんのわずかに気泡が入ってしまったが、時間が経つと消えたので全く問題なし。

・タッチ感度も全く問題なし。

・フチまでぴったり貼れていて、枠が浮くということはなかった。

はい、大満足です。

ウェットシートと乾拭きシートが入っているのは他のメーカーと同じですが、「Nimaso」で良かったのは、ホコリ除去用のステッカーが入っていたことと、頑丈なヘラが入っていたことです。

シールでペタペタホコリをとってからフィルムを貼ればどなたでもぴったり貼れますし、仮に少し気泡が入ってしまってもヘラを使って外に追い出すことができます。

2セット入りなので、一回で上手くいった方はもう片方はメルカリで出品すると良いですね!

まとめ

iPhone SE 第二世代の初期武装としては、

✔︎ケースは「Spigen」というメーカーの「シュピゲン タフ・アーマー ACS01241 (レッド)」という製品がオススメです。

✔︎画面保護フィルムは「Nimaso」というメーカーの「iPhone SE 第2世代 (2020) / iPhone 8 / 7 用 全面保護フィルム 強化ガラス」という製品がオススメです。

「調べてもたくさん製品があって、どれが良いのか分からない!」「とにかく実績が確かな無難な物を買いたい!!」

という方は是非参考にしてみて下さいませ。

ではでは。