毎日飲む水やお茶、まずはラベルレスボトルにしてみませんか?

毎日飲む水やお茶、まずはラベルレスボトルにしてみませんか?

毎日飲む水やお茶、まずはラベルレスボトルにしてみませんか?

こんにちは。genkiです。

普段はBlanc forというブランドを立ち上げて白Tを制作販売したり、サウナ好きが高じてプライベートサウナを作ろうとしていたりしています。

皆さんはペットボトル飲料を飲んだ後、ラベルをはがして捨てていますか?

もし分別されないまま捨てられた場合、どこかの作業員がラベルを手ではがす手間が発生しているのでしょう。

PETは回収出来てリサイクルされますが、ラベルは残念ながら焼却処分です。

よくよく考えてみて下さい。ラベルなんて不要ではないでしょうか?

Zero wasteへのシフト

 

ラベルは基本的に商品のブランドや中身を示すもの、あるいはデザインで消費者の気を引くもの。

ただ、私たちが毎日使うものについては、中身さえ問題なければラベルは意味を持たず、資源の無駄使いと言っても過言ではありません。

捨てる時にはがすのが面倒だし、その後焼却処分されるだけだし、はじめからない方が良いですよね。

そんな疑問に答えるメーカーが出てきました。アサヒ飲料です。

成分表記がないと販売は無理だろう・・・と思いきや、超コンパクトにアテンションシール内に記載されているではないですか!

ラベルが無くても良いのは、通信販売限定で箱買いな為、中身を他の製品と区別出来ることが重要なポイントなのでしょう。

ラク&エコ ラベルレスボトル

私は化粧品業界にいますが、薬機法が厳しく、パッケージに必ず成分表記、生産ロットを載せる必要があり、この流れに乗るのはかなり勇気がいることです。

思い切って踏み切りましたね!

何の製品があるの?

まずは生活必需品の水。元々水をまとめ買いしているご家庭には丁度良い製品ですね。是非この機会にAmazonでご検討頂ければと思います。

私は2019年後半からサウナにハマっているので、ポカリをまとめ買いしてしまいました!(2,592円 108円@1本)

これはできれば言いたくなかったのですが、ラベルがついているものは99円@1本と少し安いです。

環境に良いものが安くなくてどうする!頑張れメーカー!!

この他にも十六茶六条麦茶飲むヨーグルトのL-92があります。毎朝ヨーグルトを飲んでいる方はまとめ買いもありですね!

 

まとめ

Zero waste、Less plastic の流れに乗って企業がどんどん新技術を展開しています。

✅日本は法が厳しく、ラベルレスに踏み切るのはかなり勇気がいる事です。

まとめ買いするなら、エコなものを選びましょう!