①そもそもプラスチックってなんだっけ?

①そもそもプラスチックってなんだっけ?

①そもそもプラスチックってなんだっけ?

金属よりは柔らかく・・・、ペットボトルに使われてる・・・

プラスチックって何?って言われたとき答えられる人っていないのではないでしょうか?正直な所、私も答えられません。

この記事を通じて、プラスチックとは何かどうどうと語れる人が増えていれば幸いです。

プラスチックとは・・

石油から生まれた合成樹脂で、自然でなく科学的に製造された物質(高分子化合物からなる物質)のことです。

熱や圧力を加えることにより成形加工することができ、成形加工されたものを私達は日々使用しています。

また、プラスチックには、熱可塑性樹脂(ねつかそせい)と熱硬化性樹脂(ねつこうかせい)という2つの種類があります。

熱可塑性プラスチック

熱可塑性プラスチックは、熱を加えると溶けて柔らかくなり、型にはめて冷やすと固まります。バターやチョコレートをイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

「チョコレート作り イラスト」の画像検索結果

ポリエチレンテレフタレート(PET)

特徴:透明で強く薬品の保存に強い。
用途:ペットボトル、たまごのパックなど。

高密度ポリエチレン(HDPE)

特徴:衝撃に強く薬品に侵されない。
用途:食品袋、バケツ、洗面器、など。

低密度ポリエチレン(LDPE)

特徴:水より軽く、柔らかく、薬品に強い。
用途:ポリ袋、食品容器、ラップ、シート、高圧電線など。

塩ビ(V、PVC)

特徴:燃えにくく、丈夫で柔らかい。
用途:手袋、電線コード、水道管、窓のサッシなど。

ポリプロピレン(PP)

特徴:熱に強く、ツヤがある。
用途:台所、風呂用品、自動車部品、荷造り紐など。

ポリスチレン(PS)

特徴:透明で硬かたいが、傷つきやすい。
用途:コンピュータ、プリンター、プラモデル、発泡スチロール箱、食品トレイなど。

AS樹脂(SAN)

特徴:透明で傷つきにくい。
用途:調味料容器、使い捨てライターなど。

ABS樹脂(ABS)

特徴:不透明で割れにくく、熱に強い。
用途:旅行用トランク、家具、パソコン

ポリアミド、ナイロン(PA)

特徴:丈夫で酸素を通さない
用途:ファスナー、レトルト食品袋、自動車部品、つり糸など。

ポリカーボネート(PC)

特徴:透明で割れにくく、熱に強い。
用途:CD、携帯電話、ノートパソコン、カーポートなど。

ポリ乳酸(PLA)

特徴:透明で硬いが、熱に弱い。
用途:生ごみ袋、レジ袋、ICカードなど。

熱硬化性プラスチック

成形前は流動性を持っていて、熱を加えると硬化するプラスチックです。特に高い機械的強度や耐熱性などが必要なプラスチック製品に用いられています。イメージとしては、ビスケットでしょうか。

「ビスケット作り イラスト」の画像検索結果

理系の方はあと一歩、熱硬化性プラスチックの分子構造は架橋結合というものです。架橋結合はとても強固な結合のため、分子の熱運動が制限されます。そのため、温度変化による影響を受けにくいのです。

アクリル樹脂(PMMA)

特徴:透明で強い。
用途:メガネレンズ、コンタクトレンズ、写真し立て、ポスターフレーム、水族館窓ガラスなど。

ポリウレタン(PU)

特徴:形を変えやすく、摩擦に強く、耐油性に優れている。
用途:塗料、スポンジ、接着剤、スキーブーツ、自動車部品、ボウリングボールの表面

シリコーン(SI)

特徴:熱と寒さに強く、電気を絶縁、水を弾き、剥がしやすくなる。
用途:マニュキュア、ハンドクリーム、キーボード

疑問

熱可塑性プラスチックは、溶かしてリサイクルが可能だということはよくわかった。

でも熱硬化性プラスチックは熱しても効果がないし、どうやってリサイクルをしているんだろう?2つが混ざって捨てられていることなんて日常茶飯事なんじゃないの?

=>残念ながら予想は的中。熱硬化性プラスチックのリサイクルはあまり進んでいない様です。

(2019年10月に私がざっくり調べた限り)

リサイクル方法は、

粉々にμレベルに粉砕する=>充填剤として利用 or バージンの熱硬化性プラスチックに数%混ぜて使用する など・・・

まとめ

そもそもプラスチックってなんだっけ?と聞かれたら、プラスチックは、石油から生まれた合成樹脂”と答えましょう。

✅熱硬化性プラスチックのリサイクル方法、処分方法はさらに調査が必要