【日本でも本格的な美味しいBurritoを食べる方法】Frijoles Burrito & Tacos

【日本でも本格的な美味しいBurritoを食べる方法】Frijoles Burrito & Tacos

【日本でも本格的な美味しいBurritoを食べる方法】Frijoles Burrito & Tacos

会社の転勤で日本で働く外国人の皆様、留学帰りの学生の皆様、「I’m missing Chipotle!」という声が聞こえてきます。

日本でもカジュアルにおいしいBurritoが食べたい方、東京にもありますよ!

それは私が正真正銘、大学、大学院と5年間程アルバイトをしていたお店、Frijoles Burrito & Tacosです。Instagramはこちら

ちなみに在籍時にしゃべくり7や王様のブランチで紹介されました!

BurritoとBurrito bowlとBurrito saladがメインで、具材は全て新鮮なものを毎日仕入れて、1から丁寧にオープンキッチンで作っております 。

気になるお値段は?!

お値段はメインの具材によって決まります。GrandeサイズはRegularサイズの1.5倍くらいの超Bigサイズになります(笑)

また、チキンとベジタリアンのhalf/halfというオーダーも出来て、その場合は中間のお値段になります。日本で本格的なBurritoが食べられるならお手頃な値段なのでしょうか?!私はもうBurrito addictなのでこの値段は出し惜しみしません・・・(笑)

個人的にははCarnitas/Vegiのハーフがオススメです!

Grilled Chicken regular. ¥980
grande. ¥1,460
Carnitas(Pork) regular. ¥1,040
grande. ¥1,520
Steak regular.¥1,210
grande. ¥1,690
Vegetarian(Guacamole) regular.¥1,140
grande.¥1,620

どんどん店舗が増え、今は5店舗あります。

FRIJOLES 麻布十番  Azabu-Juban

FRIJOLES 六本木  Roppongi

FRIJOLES 大手町  Otemachi

FRIJOLES カレッタ汐留  Shiodome

FRIJOLES 代官山  Daikanyama

私は、カナダのバンクーバーでの留学後、日本でも当たり前に英語を話す環境を求めて麻布十番店で働いていました。

お客さんの8~9割は外国のお客さんだった感じがしています。一緒に働くパートナーにも外国の方がいて常に何らかの形で英語を使っていました。懐かしい。(笑)

✅また、ビジネスシーンでも大活躍です。

Wi-fiはどの店舗も完備していて作業に問題ないですし、

居心地の良いソファー席、テーブル席があるので、カジュアルにミーティングをしているお客さんが結構います。Burritoという比較的日本で珍しいものを食べて会話が弾みますし、栄養満点でパワーがつくので、プロアクティブに話が進むのではないでしょうか?!

飲食業界はもうアプリの世の中

UBER EATSやファインダインその他ピックアップサービスも多数行っています。PayPayバーコード決済が導入されていました!

もう超便利ですよね。私は中目黒から散歩がてら歩いてお店にいき、paypayで購入→テイクアウトしてオフィスでPC見ながらランチなんてこと良くやってます。(笑)

こちらからUBER EATSをお試し頂けます。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

まとめ

✅日本にいながら本格的なBurritoが食べれます。もうコンビニのなんちゃってBurritoは、マジで食べれなくなります。

✅Wi-fi完備なので、ビジネスシーンでも大活躍

✅Uber EatsやFine dineに対応しているので、忙しい方でも便利にBurritoを食べられます。

初めてのグルメ投稿でした!(笑)

いかがだったでしょうか?

是非足を運んでみて下さいね!

SNSやってます!

お気軽にフォロー、コメント頂けますと幸いです。